HOUSYASEN GA KARADA NI ATARU TO SAKAGUCHI KENGO

ISBN:

Published: July 21st 2015

Kindle Edition

87 pages


Description

HOUSYASEN GA KARADA NI ATARU TO  by  SAKAGUCHI KENGO

HOUSYASEN GA KARADA NI ATARU TO by SAKAGUCHI KENGO
July 21st 2015 | Kindle Edition | PDF, EPUB, FB2, DjVu, AUDIO, mp3, ZIP | 87 pages | ISBN: | 3.31 Mb

このところ突如、社会全体が「放射線の身体への影響」について気にするようになった。理由は簡単、以下のごとく連想するからである。原発事故だあ!えらいこっちゃ〜!“放射能”が飛びまくっているぞ〜!エエッ、何処に逃げれば良いんだ!“放射能”に当たればどうなるのか?“死ぬ”か、助かっても“一生涯苦しむような放射線障害”になるぞ〜。“放射能”って、どんなものなの?当たると死ぬのなら、鉄砲の弾と一緒か?確かに似ているけど、鉄砲玉の場合は助かったときは、傷が治ると普通の状態に戻る。“Moreこのところ突如、社会全体が「放射線の身体への影響」について気にするようになった。 理由は簡単、以下のごとく連想するからである。 原発事故だあ! えらいこっちゃ〜! “放射能”が飛びまくっているぞ〜! エエッ、何処に逃げれば良いんだ!  “放射能”に当たればどうなるのか? “死ぬ”か、助かっても“一生涯苦しむような放射線障害”になるぞ〜。 “放射能”って、どんなものなの? 当たると死ぬのなら、鉄砲の弾と一緒か? 確かに似ているけど、鉄砲玉の場合は助かったときは、傷が治ると普通の状態に戻る。 “放射能”の場合は、傷が治っても、身体が元に戻らない! 見ろ!広島長崎の被爆者達を。 だいたいこういう風ですよね。(私)「吉野くん、君もそう思うかい?」(吉野)「そりゃそうですよ、知りたいですよ。恐いですもの」。(私)「でも、それはごく最近のことではないかい。2011年以前に君はそういう質問を私にしたことはなかったぞ」。(吉野)「確かにそうですが、それ以前に話題になったことはないでしょう」。(私)「実は“突如”話題に、ではなく、“再び”という方が適切



Enter the sum





Related Archive Books



Related Books


Comments

Comments for "HOUSYASEN GA KARADA NI ATARU TO":


mediagraw.pl

©2015-2020 | DMCA | Contact us